30代転職サポート|成功を目指すための情報集

*

30代の転職活動と面接後のお礼状

   

面接後のお礼状を出す意味

 30代の転職は、自分の将来を決める、大きな決断です。だからこそ、自分が本命と思う企業に入社し、キャリアアップにつなげるための努力を惜しんではいけません。30代での転職活動は、一度に複数の企業に応募することも多く、面接終了後はそのまま結果を待つ求職者がほとんどです。

 ですが、希望する企業からの内定に近づくためには、ここでアクションを起こして、自分を印象付けることをおすすめします。面接後にきちんとお礼の気持ちを伝えることで、面接官に「礼儀正しい人物である」という、好印象を残すことができます。

 ライバルとのキャリアや実績に差がないときには、人間重視で内定につながる可能性をアップできるのです。お礼状は手書きである必要はないので、基本のテンプレートをあらかじめ用意しておき、面接を受けた企業ごとにカスタマイズできるようにしておくと、手間も省けます。

面接後のお礼状で書くべき内容

 お礼状で書くべきことは、自分に面接の機会を与えてくれたことに対する感謝の気持ちです。そして、面接で気づいた応募企業の魅力や募集職種のやりがい、社風や面接官の言葉など、自分が印象に残ったエピソードを具体的に綴り、そのうえで入社の意欲がアップしたこと、入社後にどう貢献できると考えているかなど、自己アピールを控えめに入れます。

 結びに謝意を重ねて、お礼状は終了です。ここでポイントとなるのが、社外向けのビジネス文書と同じように、定型文を守って書くことと、投函するタイミングを間違わないことです。お礼状は、面接当日あるいは面接の翌日早目に投函し、いち早く先方に届けなければ意味がありません。

【関連記事】
30代転職の面接で問われるマナー
30代の転職で聞かれることは
30代転職でする面接への対策

 - 面接対策

  関連記事

30代転職の面接で問われるマナー

面接マナーが求められる  面接ではマナーがあるのは就職の時にうるさく言われた人も …

30代転職でする面接への対策

自分の考えを持つこと  30代となればキャリアもそうですが、何より後の世代に比べ …

30代の転職で聞かれることは

仕事について  30代はキャリアが見られる世代です。そうなれば面接においても仕事 …