30代転職サポート|成功を目指すための情報集

*

30代で転職するなら5つの手順で!

 30代は、基本的には王道の転職活動がおすすめです。工夫は必要なものの、小細工を仕掛けるような年代ではありません。

 ただし、この王道と工夫、両者の関係はなかなか難しい。ベタではあるけれどもベタ過ぎない、このバランスの捉え方次第で転職活動は大きく変わってくるのです。
 

自己分析とキャリアの棚卸し

 自己分析をしてキャリアの棚卸しをする。目的を考え目標を設定し、計画を作る。時には家族など周囲にも理解を求め、転職活動に向けて精神や肉体も整えておく。というのが王道の転職準備。

 ここは特に問題なく、これらをしっかりと行い備えておくべきでしょう。

【参考記事】
30代の転職で立てる計画は
30代でする自己分析
転職のために企業を調べていくのであれば
社会人なら体調管理ができていて当然?!
 

転職エージェントの活用

 30代の求人情報集め、これも王道のやり方で取り組み始めてください。もちろん、転職エージェントの活用です。

 それに加えて転職セミナーへの参加や、自ら条件を絞り込み検索してみる、SNSなどを使い同じような境遇の人とコミュニケーションを取るなども、求人情報を集める手段としては最適でしょう。

【参考記事】
30代で転職のために仕事を探すのなら
30代と転職でのハローワーク
30代の転職はエージェントの利用を

応募書類の作成は工夫する

 工夫を凝らしていきたいのは、履歴書や職務経歴書です。ここはあまりにも王道でいき過ぎると、他の応募者と被ってしまい、存在が目立ちません。

 他の人とスキルやキャリアが似ていても、そうは思わせないような書き方の工夫、これを見出してから作っていった方が他者の応募書類に埋もれずに済むでしょう。
 

【参考記事】
30代の転職で書く履歴書
30代の転職で書く職務経歴書
書類を書いた後に送る際に考えること

面接マナーと面接対策

 面接にも工夫が必要なのは言うまでもありません。王道通りでは飽きられてしまいます。

 面接マナーや服装などは王道で構いませんが、口から出る言葉たちには工夫を持たせ、価値観や考え方、視点や物事の捉え方が他の人とは違うと思わせましょう。

 それができてこそ、王道のマナーや服装が活きてきます。

【参考記事】
30代転職の面接で問われるマナー
30代の転職で聞かれることは
30代転職でする面接への対策
30代の転職活動と面接後のお礼状

 

円満退職・入社準備

 退職活動に関しては、基本通り行うのが無難でしょう。

 会社との関係やその時の状況によっては工夫というよりも、その場に適した態度や取り組みが必要になってきますが、一般的に言われている円満退職のポイントを押さえて動いていけば、大抵は問題の少ない退職ができるはずです。

【参考記事】
30代で円満退職をする
退職の手続きを進める
入社の際にする手続きは
転職する前に今の会社の有給を消化したいけど・・・無理?!

公開日:
最終更新日:2015/10/28