30代転職サポート|成功を目指すための情報集

*

計画な転職スケジュールを作る

   

①転職スケジュールを立てよう。その理由とメリット
 
 転職を考えたとき、30代は売り手市場であると言っても、過言ではありません。ですが、将来のキャリアを考えると、自分が進むべきビジョンを明確にし、自分にプラスが大きい転職を選ぶという意識が必要です。
 
 そう考えると、漫然と転職活動を始めるのではなく、きちんとスケジュールをたてて遂行することが、欲しい成果に結びつく最善の道だと思います。
 
 では、なぜ転職スケジュールを立てる必要があるのでしょうか。それは、自分の軸をずらさない転職を果たすためです。転職を決意するからには、何がしかの理由があったはずです。自分が目指すキャリアプランを達成するためには、仕事のスケールを大きくしたり、幅を広げるなど、自分を鍛えられる環境が不可欠です。
 
 現職の職場環境では、自分が目指すキャリアプランを達成できないと考えたなら、転職をするのは前向きな選択です。ただし、転職にも求人数が増加するなどの業界傾向があったり、現職に迷惑をかけないように退職するために繁忙期を避けるとなると、転職先の入社日もおぼろげながら設定できるはずです。
 
 そして、いくら30代が人気の年代であっても、応募してすぐに内定をもらえるほど、転職市場は甘くありません。自分の転職市場での価値を把握し、内定をもらうまでに必要な面接回数、面接に進むために必要な書類選考通過数、書類選考通過率を考慮した企業への応募数を逆算することで、転職スケジュールが明確になります。

 さらに本気で希望の転職を果たすためには、しっかりとした自己分析と企業研究、それに基づく企業別の応募書類作成と面接対策と、予想以上に時間がかかる作業が山積することになります。
 在職中であれば現職に影響が出ないように配慮しなければなりませんから、自分が応募までに費やす時間を考慮して、いつまでに何をすべきかの指標をつくっておかなければなりません。その点でも、転職スケジュールの立案は、メリットが大きいのです。

 ただし、転職スケジュールは机上の空論です。実際に始めてからはカスタマイズが必要ですし、自分が計画通りに行動できているかどうかをセルフチェックし、自分をコントロールする強い意思がなければなりません。目標達成までは、自分を律して、転職活動に励みましょう。

 - 転職の進め方

  関連記事

30代の転職で立てる計画は

準備の時間を考えて  30代となると20代に比べれば技術も経験もついてきた世代で …

転職のために企業を調べていくのであれば

企業を調べて見るもの  転職するとなれば企業について情報を仕入れていかなければい …

no image
離職中は生活リズムを崩していませんか?

①離職中の転職活動の進め方とは?  30代は、転職市場の中で一番求人が多い年代で …

30代でする自己分析

自分のキャリアを確認する  30代の転職はやはりキャリアが重視されることになりま …

no image
在職中なら転職活動はどう進める?

①在職中の転職活動の進め方とは?  30代までキャリアを積むと、自分の考えていた …

社会人なら体調管理ができていて当然?!

 デキル人材は筋トレをするといったタイトルの本がありましたが、デキル社員はやはり …