30代転職サポート|成功を目指すための情報集

*

敢えて聞きにくいことを面接で質問することも大切!

   

競合他社に負けない強みはどこか
 
 転職の価値の有無、それは転職希望者が企業を選択する時に欠かせないチェックポイント。それをチェックする場面は多々ありますが、面接もそのひとつとなるでしょう。

 どの企業にも競合他社の存在はあるはずです。面接では、そうした企業について聞いてみてはどうでしょうか。
 もっと言えば、競合他社に“これだけは負けない”というその企業独自の強みのようなもの、ここを確認しておきたいところです。

 企業研究を行えば自然と見えてくる部分については、あらかじめ自分の口から「こう思っているのですが」などの形で伝えておくといいでしょう。その上で、企業自身が自社の強みに関してどのように思っているのかを聞き出す、この作業が重要となります。

社内の暗黙のルールがあれば

 
 これもどの企業にもあるものだと思うのですが、その企業の暗黙のルールのようなものがあれば、これも面接時に教えてもらいましょう。

 仕事に関すること、珍しい就業規則、人間関係に関することなど、決して暗黙のものに限らずですが、企業の独自ルールというのは転職希望者にとって大切な判断基準となるはずです。
 入社してみたら、「こんなはずではなかった」と思うのが、意外とこうした独自のルールだったりするものなのです。

 面接の最後に堅苦しい雰囲気を少しだけ砕けさせてくれるような質問にもなるでしょう。そこで良いコミュニケーションが取れれば、ひとつのアピールにもなると思います。

会社に足りない部分が敢えてあるとすれば

 
面接対策に関して、しばしば、「自分に足りないものがあれば教えてください」とか、「どのようなことを身につけるべきでしょうか」などといった質問によって意欲を示すと良いという話を聞きますが、個性を少し出すために敢えて、「会社に足りないもの」を訊ねてみることをお勧めします。

 100%完璧な企業なんてありません。どこかに必ず欠点があり、あるいは足りない部分があるはずです。企業の人間全てがそれを把握していれば、その企業は転職価値がおおいにあると判断できるでしょう。入社後にあなたがすべきこと、会社に貢献できることも見えてくるかもしれません。

【関連記事】
30代転職の面接で問われるマナー
30代の転職で聞かれることは
30代転職でする面接への対策

 - 未分類

  関連記事

関連記事はありませんでした